ウッドデッキも塗装した方が良い?注意すべきポイントとは – 屋根&外壁塗装情報サイト

屋根&外壁塗装情報サイト

\ 外壁屋根の増築・改築リフォームの依頼前に押えておいてもらいたい情報をお伝えします/

3分で読める

ウッドデッキも塗装した方が良い?注意すべきポイントとは

ウッドデッキ

ウッドデッキはオシャレで天気の良い日に手軽に外に出られるので、設置している住宅も多いでしょう。
しかしウッドデッキも経年によって太陽で焼けて色が褪せてしまったり、色落ちしてしまいます。
では、外壁塗装の際にウッドデッキも一緒に塗装する場合は、どのような点に注意したらよいのでしょうか。

■ウッドデッキの隙間を塗布するのは手間がかかる

ウッドデッキは木で造られているため、木材保護塗料を塗っていく必要があります。
しかし塗布の仕方によっては仕上がりが大きく左右されるので気をつけましょう。
まずウッドデッキには床板と床板の間に隙間があるため、その隙間にきちんと塗料を塗布していくことが必要です。
この隙間は雨水などが溜まらないようにできているのですが、塗装に関しては思いもよらぬ盲点となってしまいます。
一般的には10㎜程度の間隔で隙間をあけていますが、刷毛が入りにくい場合は隙間専用の刷毛を使用した方が塗りやすいでしょう。

■ウッドデッキにはローラーは向いていない

木目の雰囲気を活かすために、床板1枚づつ綺麗に塗布していきましょう。
ローラーは一度に広い面積塗布していくことができて時間の短縮にもなるのですが、ムラが出てしまうので仕上がりに差が出てしまいます。
少し面倒であっても1枚1枚丁寧に塗っていくことが大切です。
塗っていく際は、木目に沿って刷毛を動かしていくと平均的にムラなく塗布できます。




■塗布は3度以上重ね塗りする

ウッドデッキに塗布する木材保護塗料は、1度塗っただけでは効果を期待できません。
最低でも3回は重ね塗りしていく必要があり、色あいを見ながら進めていきましょう。
その際、前の塗装が完全に乾いた状態で重ね塗りしていくことが重要です。
浸透性塗料を使用する場合には、しっかり塗料が浸透してからでないと塗料をうまく塗ることができないので注意が必要です。

■塗布作業は必ず晴れた日に行う

ウッドデッキの塗装は雨が降っていなければ問題ないと思う方も多いのですが、実は違います。
何度か重ねて塗る手間があるため、作業を行う日だけ晴れていればいいという訳ではなく、塗装後3日間くらいはしっかり乾燥させるために天候は重要な条件となります。
きちんと乾いていないうちに雨にあたってしまうと、雨跡が残ってしまい綺麗な仕上がりとは程遠くなってしまいます。
ウッドデッキはしっかり乾燥させるということが重要なのです。

このようにウッドデッキの塗装は、塗布の仕方や天候などあらゆる条件が必要になります。
自分でウッドデッキの塗装をする自信がない方は、業者にお任せした方が綺麗で理想的な仕上がりが期待できるでしょう。
予想以上に難しい作業であるため、業者に依頼した方が失敗せず費用も安く抑えることができます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-3分で読める
-

関連記事

外壁が汚れてしまった!対処方法は?

目次1 ■水で汚れを流す2 ■高圧洗浄機を使う3 ■薬剤を使用する4 ■業者へ外壁掃除を依頼する 外壁塗装で汚れが落ちやすい塗料を塗っても、どうしても外壁は汚れてしまうものです。 では、外壁が汚れた場 …

見積書の項目と見方について

目次1 ■仮設工事の項目2 ■養生の項目3 ■高圧洗浄の項目4 ■外壁塗装の項目5 ■シーリング工事(コーキング工事)の項目6 ■付帯部塗装工事の項目7 ■諸経費の項目8 ■保証年数の項目 外壁塗装を …

セラミック塗料の特徴とメリット・デメリット

目次1 ■セラミック塗料はどんな塗料?2 ■セラミック塗料の特徴3 ■悪質業者が利用しやすいセラミック塗料 ■セラミック塗料はどんな塗料? セラミック塗料とは、陶器や焼き物などで使用されるセラミックを …

低汚染塗料とは?特徴とメリット・デメリット

目次1 ■低汚染塗料の特徴2 ■低汚染塗料で外壁塗装を行うメリット3 ■低汚染塗料のデメリット ■低汚染塗料の特徴 低汚染塗料は、塗膜に特殊なコーティング技術が施された塗料です。 この特殊なコーティン …

外壁塗装と一緒に行っておきたい、ヒビ割れ補修

目次1 ■ヒビ割れに対する部分補修2 ■ヒビ割れ補修の方法 外壁塗装を行う際に、特に劣化が激しい部分は塗装前に部分補修が必要となります。 部分補修を行うことで長持ちする家にすることもできるので、なるべ …

検索(撥水・住宅財形etc…)

カテゴリー

ペンネーム:MAYUMINS

NAME