サイディングボードの張り替えと外壁塗装はどう違う? – 屋根&外壁塗装情報サイト

屋根&外壁塗装情報サイト

\ 外壁屋根の増築・改築リフォームの依頼前に押えておいてもらいたい情報をお伝えします/

6分で読める

サイディングボードの張り替えと外壁塗装はどう違う?

サイディングボード

近年、サイディングボードを取り入れた外壁が多く見られるようになってきました。
こうした中で「サイディングボードの汚れが目立つようになってきた」、「かなり傷みや反りが目立つようになってきた」などで張り替え・塗り替えを検討している方も多くいます。

通常の外壁であれば塗装が一般的ですが、サイディングボードの場合、張り替えた方が良いのか、それとも塗装で十分なのか、どちらが良いのか分からないという方も多いでしょう。
そこで今回は、サイディングボードは張り替えるべきなのかそれとも、外壁塗装をするべきなのか、これらにはどんな違いがあるのかをご紹介します。

■サイディングボードの張り替えと外壁塗装、どちらが一般的?

まずはどちらを利用している人が多いのか見てみましょう。
サイディングボードは一般的に塗装によって汚れや傷みを防いでいる人が多く利用します。

その理由としてはまず1つ目に、サイディングボードの場合、モルタル壁などと比べると汚れや傷みが分かりやすいので、早めに対処される人が多い。

早めに対処することにより、わざわざ張り替えなくても塗装で十分に対応ができます。
「サイディングボードの色が段々褪せてきた」、「チョーキングの粉が出るようになった」などのサインが見つけやすくなります。

また、サイディングボードにはシーリングと呼ばれる目地が多く見られ、シーリングは外壁に比べてより劣化しやすい部分でもあるため、シーリングの劣化を機に外壁自体も塗装して保護するといった方が多く見られます。

■張り替えと塗装のメリット・デメリットとは?




一般的な塗装ですが、どちらにもメリットとデメリットが存在します。
塗装のメリットとしては張り替えに比べて費用を安く抑えることができる点です。
また、塗料によって防カビ・断熱・遮熱などの効果を発揮するものもあるため、それらを選ぶことでより機能的に改善されます。

デメリットとしては、サイディングボードの劣化が酷いと行えない、10年に1度はメンテナンスを実施する必要があるなどです。
一方、張り替えのメリットとして、まず古い外壁を取り除き新しい外壁に張り替えるわけですから、見た目もまるで新築のような外観になりやすいです。

さらに外壁から雨水が漏れていた場合、張り替えによって改善されます。
この雨漏りが原因で壁の中にカビが発生していると、断熱材が腐食している可能性もあります。
張り替え時に全て撤去することによって、家自体に被害が出なくなるので長持ちにもつながります。

他にも、塗装に比べて費用が高くなってしまうことです。
どうしても現存のサイディングボードを撤去し、新しいものに張り替えるのは塗装よりも大きな工事になります。
撤去されたサイディングボードを処分するのにもお金がかかるので、張り替えはかなりのコストとなりうるでしょう。

また、近隣トラブルも招きやすいと言われています。
原因は音と塵です。
工事音がうるさかったり、壁を取り外すことで塵が巻き起こってしまうと近隣住民とトラブルになってしまう可能性があります。
このデメリットをなくすためには、業者との話し合いが大切です。
近隣住民への配慮はどうしているのかなどを、工事前にきちんとチェックしておきましょう。

■重ね張り・コーキングの打ち増しなどの方法

サイディングボードは塗装や張り替えだけではなく、重ね張り、コーキングの打ち増しといった方法もあります。

重ね張りとは今まであったサイディングボードの上から新しいサイディングボードを貼り付ける方法です。
今までのサイディングボードはそのままになるので、張り替えに比べると撤去作業や処分に関するコストが抑えられます。
また、張り替えのデメリットであった音や塵といった問題も起こりにくいです。
さらに、外壁が二重構造になったおかげで耐震性が高くなりやすいと言われています。

こうしたことから、重ね張りには様々なメリットがあると言えるのです。
ただし、デメリットもあるので確認しておきましょう。

例えば元々傷んでいたサイディングはそのままの状態になっているので、壁の中で生じている不具合がそのままだったり、外壁が二重で厚くなった分窓の収まりが悪くなってしまい、雨漏りの原因につながる恐れがあります。

次にシーリングの打ち増しです。
シーリングの打ち増しとは、サイディングボード自体には何もせず、シーリングだけを補修する作業です。
塗装よりも安価で、シーリングの劣化を補修できるので防水機能も復活します。
しかし、サイディングボード自体が劣化してしまっている場合はおすすめできません。
シーリングだけの劣化が進んできたという時は、打ち増しを行いましょう。

サイディングボードの張り替えと塗装に関してご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?
張り替えも塗装も、どちらにもそれぞれの特徴があるため、自宅の外壁の状態を見つつ、検討していきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-6分で読める
-

関連記事

外壁塗装はアパートの入居者増につながる?(要約ver)

目次1 ■アパートはなぜ乱暴な扱いをされるの?2 ■綺麗なものは大切に使おうという気持ちになる3 ■アパートの外壁塗装のメンテナンス時期とは?4 ■アパートの外壁塗装の材料選びについて5 ■アパートの …

自分でウッドデッキを塗装する時の注意点(要約ver)

目次1 ■塗装前のウッドデッキの下処理が重要2 ■塗装の前にはウッドデッキをしっかりと乾燥させよう3 ■塗装では養生も重要4 ■塗料に関する注意点5 ■塗装する際の注意点 近年はDIYが人気となり簡単 …

外壁塗装で見られる気泡の原因と対策

目次1 ■下地処理が手抜きだと気泡ができやすい2 ■塗装の厚塗りやゴミの混入による気泡3 ■気温の配慮や乾燥不足が原因4 ■外壁に適した塗料方法であるか5 ■ピンホール現象はすぐに直してもらうことが大 …

シャッターや雨戸を塗り替えた方が良い理由

目次1 ■シャッターや雨戸に塗り替えは必要なのか2 ■シャッターや雨戸の塗装タイミング3 ■シャッターと雨戸の塗装は刷毛塗り?吹き付け塗装?4 ■防カビは必要? ■シャッターや雨戸に塗り替えは必要なの …

外壁塗装に撥水コーティングは必要?不要?

目次1 ■外壁素材によって撥水コーティングが必要2 ■撥水コーティングのメリット3 ■撥水コーティングのデメリット4 ■撥水コーティングは錆に効果あり?5 ■撥水コーティングの特性を活かそう ■外壁素 …

検索(撥水・住宅財形etc…)

カテゴリー

ペンネーム:MAYUMINS

NAME