セラミック塗料の特徴とメリット・デメリット – 屋根&外壁塗装情報サイト

屋根&外壁塗装情報サイト

\ 外壁屋根の増築・改築リフォームの依頼前に押えておいてもらいたい情報をお伝えします/

3分で読める

セラミック塗料の特徴とメリット・デメリット

セラミック塗料

■セラミック塗料はどんな塗料?

セラミック塗料とは、陶器や焼き物などで使用されるセラミックを素材に、外壁塗料へ変換したものがセラミック塗料と言われています。
セラミック塗料を施すことによって外壁に耐熱・断熱性能や耐久性、耐候性といった様々な性能をプラスすることができることから人気の高い塗料の一つと言われています。
また、セラミック塗料で塗装すると石材を使ったような感じに仕上げることができ、外壁に重厚感やゴージャス感を演出することも可能です。

■セラミック塗料の特徴

そもそもセラミック塗料とは、塗料に含まれている成分全てがセラミックというわけではありません。
シリコン塗料やフッ素塗料などの塗料にセラミック素材を混ぜて作られたものがセラミック塗料となります。
また、『半分以上がセラミックでなくてはいけない』などの決まりがあるわけでもないので、ほんの少しでもセラミックが配合されていたら、それはセラミック塗料となるのです。
そのため、セラミック塗料はシリコン塗料やフッ素塗料と同じように分類されることが多いですが、実際には同じように分類できない塗料と言えます。

スポンサーリンク



■悪質業者が利用しやすいセラミック塗料

多くの業者でセラミック塗料を扱っていますが、中でもセラミック塗料を用いて嘘をつき、高額な外壁塗装料金を請求する悪質業者が中には存在します。
セラミック塗料というとベースとなる塗料にセラミックが加わることによって耐用年数も長くなるように感じますが、実際の耐用年数はベースとなる塗料と同程度と言われています。
確かに耐久性などはセラミックが配合されることにより向上するものの、耐用年数が大きく変わるわけではないのです。
それなのに、『セラミック塗料は耐用年数がとても長く他の塗料よりもオススメです!』といった感じで近づく悪質業者がいます。
セラミック塗料に対して正しい知識を持っていればこのような悪質業者にも引っかからないことでしょう。

また、セラミック塗料の中には断熱性に優れたものや低汚染性のものもありますが、全てのセラミック塗料がそのような特徴を持っているわけではありません。
セラミック塗料の種類によって特徴も異なってくるため、日本ペイントやエスケー化研などで販売されているセラミック塗料以外のものは本当にそのような特徴を持っているのか疑ってかかった方が良いです。

気を付けていればセラミック塗料は豪華な外壁に仕上げることができるとても便利な塗料です。
ぜひ正しい知識を知った上で利用してみましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-3分で読める
-

関連記事

外壁塗装と一緒に行っておきたい、コーキング材補修

目次1 ■コーキング材の補修方法2 ■コーキング材補修は自分でもできる? 外壁にサイディングボードやALCパネルなどを使用している場合、外壁板のつなぎ目にはコーキング材と呼ばれる樹脂で埋めています。 …

外壁塗装で見られる保証の種類

目次1 ■外壁塗装の保証にはいくつかの種類がある2 ■自社保証とは3 ■業者が加盟している保証とは4 ■塗料メーカーの保証とは5 ■保証対象外はあるの? ■外壁塗装の保証にはいくつかの種類がある 外壁 …

外壁塗装工事はどんな流れで行われる?

目次1 ■仮設や足場の設置2 ■高圧洗浄で汚れを落とす3 ■よく乾燥させてしっかり下地処理を行う4 ■本格的に塗り作業に入る 外壁塗装は様々な工程を重ねて完成に至ります。 見積もり段階では必ず完成し引 …

見積書でチェックしておきたいポイント

目次1 ■外壁塗装する部分の面積が正しいかどうか2 ■一式と書かれている項目が多いか3 ■塗装のメーカーやグレードの確認4 ■外壁塗装は何回塗りをするか 外壁塗装の見積書に書かれている項目は、基本的に …

外壁塗装をしなかった時にかかる費用

目次1 ■ヒビ割れの工事2 ■雨漏りの工事の費用3 ■断熱材の補修工事の費用4 ■基本補修工事の費用5 ■白蟻駆除の工事の費用6 ■解体工事の費用 外壁の塗料によって耐用年数は異なりますが、劣化を防ぐ …

検索(撥水・住宅財形etc…)

カテゴリー

ペンネーム:MAYUMINS

NAME