バイオ洗浄とは? – 屋根&外壁塗装情報サイト

屋根&外壁塗装情報サイト

\ 外壁屋根の増築・改築リフォームの依頼前に押えておいてもらいたい情報をお伝えします/

3分で読める

バイオ洗浄とは?

バイオ洗浄

■バイオ洗浄とは何?

外壁や屋根などを塗装する際に、下地をきれいにする必要があります。
その際に行うのがバイオ洗浄となります。
バイオ洗浄は、カビやコケ、藻などの除去や再発防止のために下地を高圧洗浄することです。
高圧洗浄のみであれば水だけとなは薬品を使用りますが、バイオ洗浄でして徹底的な除去や再発防止を行うことができます。
バイオ洗浄が高圧洗浄と大きく違うのは、繁殖が進んでしまったカビやコケでもきれいに取り除く事ができる所です。
なので、高圧洗浄では取り除くことができない部分もきれいにすることができるのです。
湿気の多い河川や田んぼなどが多い地域の方や、外壁材の仕様で高圧洗浄では汚れや取りにくい方などは、高圧洗浄よりもバイオ洗浄の方が向いているだけでなく、きれいな外壁を長く保つことができるのです。

スポンサーリンク



■バイオ洗浄のメリットはあるの?

バイオ洗浄のメリットはいくつかあります。
まず、外壁のカビやコケ、藻など落ちにくい汚れなども根こそぎ落とすことができ、カビやコケ、藻などの再発を防いでくれます。
また、高圧洗浄では強い力を外壁に当てることで汚れを吹き飛ばしているため、何度も高圧洗浄を当てた部分には力が多く掛ってしまい、目地のシーリング材などが傷んでしまう可能性があります。
それに比べるとバイオ洗浄であれば、水圧などの負担がなく薬剤でカビを落とすので負担が軽減されるだけでなく、素材に負担をかけることなくきちんと汚れやカビが落とせます。
また、新たに塗装を塗り直す場合には、素材の表面に少しでも汚れが付いてしまうと接着力が弱くなり、何度塗り重ねても塗料が下地に付かず持ちが良くなりませんが、バイオ洗浄できちんと落としてあれば塗料の持ちも格段に違ってきます。

■バイオ洗浄はどんな方法で行うのか?安全性はあるのか?

バイオ洗浄は、洗浄剤を馴染ませるために高圧洗浄で全体的に濡らしていきます。
濡れた状態で噴射器やローラーなどで薬剤を散布していき、汚れが浮かん高圧洗浄で掃除していきます。
汚れた部分も擦らずに落としていくので、傷がつくこともありません。
またバイオ洗浄は、ミモンの皮などの植物成分を主原料としているものが多く、洗浄効果が高いだけでなく安全性も高くなっています。
また抗菌効果や殺菌効果もあり、自然や環境に配慮された洗浄剤でもありますが、家庭材縁や池に鯉などを飼っている場合は事前に必ず業者に相談してみましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-3分で読める
-

関連記事

外壁塗装と一緒に行っておきたい、ヒビ割れ補修

目次1 ■ヒビ割れに対する部分補修2 ■ヒビ割れ補修の方法 外壁塗装を行う際に、特に劣化が激しい部分は塗装前に部分補修が必要となります。 部分補修を行うことで長持ちする家にすることもできるので、なるべ …

ポリマー塗料の特徴とメリット・デメリット

目次1 ■重合されているポリマー塗料2 ■ポリマー塗料でも地震には耐えにくい3 ■保証期間の有無とメンテナンス ■重合されているポリマー塗料 単量体のことをモノマーといい、そのモノマーが複数重合されて …

レンガ調外壁の特徴とメリット・デメリット

目次1 ■レンガ調外壁の特徴2 ■レンガ調外壁のメリット3 ■レンガ調外壁のデメリット ■レンガ調外壁の特徴 レンガ調外壁は主にレンガを積んで外壁にしているのではなく、薄いレンガを外壁に張り付ける、ま …

ウッドデッキも塗装した方が良い?注意すべきポイントとは

目次1 ■ウッドデッキの隙間を塗布するのは手間がかかる2 ■ウッドデッキにはローラーは向いていない3 ■塗布は3度以上重ね塗りする4 ■塗布作業は必ず晴れた日に行う ウッドデッキはオシャレで天気の良い …

珪藻土(けいそうど)外壁の特徴とメリット・デメリット

目次1 ■珪藻土外壁の特徴2 ■珪藻土外壁のメリット3 ■珪藻土外壁のデメリット ■珪藻土外壁の特徴 珪藻土というのは、珪藻と呼ばれる植物性プランクトンが化石になり、水底で泥土(でいど)化したものです …

検索(撥水・住宅財形etc…)

カテゴリー

ペンネーム:MAYUMINS

NAME