見積書でチェックしておきたいポイント – 屋根&外壁塗装情報サイト

屋根&外壁塗装情報サイト

\ 外壁屋根の増築・改築リフォームの依頼前に押えておいてもらいたい情報をお伝えします/

3分で読める

見積書でチェックしておきたいポイント

見積書

外壁塗装の見積書に書かれている項目は、基本的にどの業者も同じです。
しかし、業者によって単価や詳細情報などの書き方が異なります。
業者選びを失敗させないために、見積書を見る時のチェックポイントをご紹介します。

■外壁塗装する部分の面積が正しいかどうか

まず、足場や塗装、洗浄の面積に違いがあるかを確認してください。
家全体を囲むように足場を組む場合は、大ききめに設定されています。
しかし、各面積が必要以上に大きい場合は、それで費用を多く取られている場合があるので注意しましょう。

スポンサーリンク



■一式と書かれている項目が多いか

外壁塗装では外壁や屋根だけではなく、破風板などの付帯部分にも塗装が行われます。
付帯部分工事の項目に詳細が書かれている見積書であれば安心ですが、
「付帯塗装一式」など「一式」の単位で記載されている場合は注意です。
他にも足場の項目や外壁塗装の下地調整などの項目でも一式と記されている場合は、その一式に何が含まれているのか確認しましょう。
不要な塗装などがある場合は、省いてもらうことで費用を軽減できる可能性もあります。
諸経費などの詳細も不明瞭になっていないかを確認しましょう。

■塗装のメーカーやグレードの確認

外壁塗装で使用する塗料は業者によってメーカーや商品名も異なります。
安全に仕上げてもらうためにも、業者がどのメーカーで、どの商品の塗料を使っているかも確認しておくことが大切です。
見積書によっては、塗料のメーカーや商品名が記載されている場合があります。
塗料の性質や性能などをしっかり調べたいときは、見積書に記載されたものをメーカーサイトなどで確認しておくと安心です。
なお、下塗りと上塗りでは塗料は異なるので、全ての塗料を把握することが望ましいでしょう。
それ以外に、フッ素やアクリル、ウレタン、シリコンなど塗料のグレードも見積書に書かれているか確認してください。
よく同じ家であっても、外壁と屋根の塗装グレードが異なるケースは少なくありません。
グレードに差があるとメンテナンスの回数も増えてしまうので、将来的に不必要な費用が増える可能性があります。

■外壁塗装は何回塗りをするか

使用する塗料によっても変わりますが、外壁塗装では基本的に下塗り、中塗り、上塗りの3回塗りが行われます。
業者によっては何回塗りか詳しく詳細が省かれている場合もあるので、塗料の性能を発揮させるためにも3回塗りが行われるか確認しておくことが大切です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-3分で読める
-

関連記事

外壁塗装と一緒に行っておきたい、塗膜劣化・爆裂補修

目次1 ■ 塗膜劣化の補修工事2 ■壁の方角によって劣化具合に違いがある3 ■爆裂現象の補修工事 ■ 塗膜劣化の補修工事 塗料を外壁に塗った時、乾かすことで保護膜ができます。 この保護膜が塗料を保護す …

外壁塗装をしなかった時にかかる費用

目次1 ■ヒビ割れの工事2 ■雨漏りの工事の費用3 ■断熱材の補修工事の費用4 ■基本補修工事の費用5 ■白蟻駆除の工事の費用6 ■解体工事の費用 外壁の塗料によって耐用年数は異なりますが、劣化を防ぐ …

外壁塗装と一緒にドア塗装はできる?

目次1 ■外壁塗装と玄関のドア塗装は別物?2 ■外壁塗装業者にお願いする時の注意点3 ■ドア塗装にかかる費用は? 玄関のドアは外壁と同様、外からの印象に大きく関わる部分でもあります。 そんな玄関のドア …

下塗り用塗料の種類と工法の全て

目次1 ■下塗り塗料の種類について2 ■下塗り塗料の工法 下塗り塗料では、下塗り塗料の専用塗料があります。 それは家の状態や材質によって使い分けられているのです。 ここでは、下塗り塗料の種類と工法につ …

珪藻土(けいそうど)外壁の特徴とメリット・デメリット

目次1 ■珪藻土外壁の特徴2 ■珪藻土外壁のメリット3 ■珪藻土外壁のデメリット ■珪藻土外壁の特徴 珪藻土というのは、珪藻と呼ばれる植物性プランクトンが化石になり、水底で泥土(でいど)化したものです …

検索(撥水・住宅財形etc…)

カテゴリー

ペンネーム:MAYUMINS

NAME