売上げアップにもつながる?!外壁塗装で集客率を高める方法とは? – 屋根&外壁塗装情報サイト

屋根&外壁塗装情報サイト

\ 外壁屋根の増築・改築リフォームの依頼前に押えておいてもらいたい情報をお伝えします/

注意喚起・対策

売上げアップにもつながる?!外壁塗装で集客率を高める方法とは?

集客

飲食店を経営されている方の中には、なかなか経営がうまくいかずに悩んでいる方も多いかと思います。
フランチャイズ契約の飲食店では、マニュアルが存在することと、ブランド名によって集客率が高くなるため、集客で悩むことはあまりありません。
しかし、個人経営の飲食店となるとマニュアルは存在しませんし、うまくアピールする方法がわからず困ってしまう方も多いでしょう。
そこで今回はリフォームを視野に入れた、売上アップにつながる外壁塗装についてご紹介します。

個人経営の飲食店が失敗しやすい理由

そもそも、どうして個人経営の飲食店は失敗しやすいのでしょうか?
それぞれのお店に原因はありますが、共通点として言える部分を解説していきます。

スポンサーリンク



■そもそも勉強不足である

飲食店の開業を夢見ている人の多くは、自分が高い料理技術を持っていて、その技術を使ってお客さんを喜ばせたいと思っていることでしょう。
もちろん、料理の美味しさというのは飲食店にとってかなり重要な要素となります。
しかし、「美味しい料理が食べられるお店」というだけでは売上げアップにつながらないのです。

飲食店を開業させるということは、経営に重きを置く必要があります。
人が集まるようにするにはどうすれば良いのか、コストを抑えるためにはどうすれば良いのか、それでいて品質を損ねないようにするにはどうすれば良いのか…など、様々な経営問題を解決した上でオープンさせないと、その後長く続けることは難しいです。
特に立地に失敗してしまう人は多くみられます。
事前に購入予定の土地周辺の調査や客単価の予測などを行なっておらず、とにかく一等地でお店をオープンすれば集客を見込めるだろうと判断した結果、多くの土地代がかさみ、それでいて自身のお店と客層に違いがあり、結局閉業することになってしまったという失敗事例が多くみられます。
お店をオープンさせる前に、まずは料理の勉強だけではなく、経営の勉強も行わなくてはいけないのです。

では、逆に経営の知識は持っているけど料理に関心のない人が飲食店の経営を行ったらどうなるのでしょう?
調理に関しては全てプロの調理師を雇えばいいと考えてしまうかもしれません。
しかし、良い人材が見つからなかったり、その日は体調が悪く休んでしまったりすることもあります。
そういった時に経営者自らが厨房に立てなければお店は休業せざるを得ない状況になってしまうのです。
休業は売上低下にもつながってしまうので、極力お店は閉めたくないという人も多いでしょう。
また、自分が料理をしないので味や盛り付けに関して「こうしたい」という希望があっても、実際に料理する人からは却下されてしまったり、料理に関する意見を言いにくかったりします。
このような経営者だと失敗に終わるケースもあるでしょう。

料理に関する知識や技術と、経営に関する知識を身に着けることで、長続きする飲食店の開業につながるでしょう。

■予算ギリギリで開業してしまった

最初はたくさんあった予算も、内装や土地代、設備費、人件費などによって予算は一気になくなっていきます。
自分の持っている金額で自信がついてしまい、予算がギリギリになるまで購入をしてしまう可能性も高いです。
もし、開業当初から話題になっていて人気も出れば良いのですが、なかなかそういった状況にはならないのが現実です。
しかし、予算をギリギリまで使ってしまってから開業してしまうと、その後お店を継続させることも難しくなってしまいます。
飲食店を開業するためには設備投資は必要ですし、膨大なコストがかかってしまうのは当然なのですが、それでもコストを抑えられるところは抑え、予算に余裕を持たせてオープンさせた方が良いでしょう。

■飲食店経営は難しい!

そもそも飲食店業界は、入れ替わりの激しい業界と言われています。
大手企業は別ですが、それ以外の企業や個人経営店は参入することも多いですが、業界から撤退することも多く見られます。
上記で失敗しやすい理由を挙げましたが、それ以外にもお店一つひとつで失敗してしまった原因があるはずです。
次項からは集客率をアップさせるにはどうすればいいのかをご紹介していきます。
ぜひ飲食店経営を検討されている方や、最近経営に伸び悩んでいるという方は参考にしてみてください。

集客をアップさせるためにはどうすればいい?

競合が増えていけば飲食店の売り上げも低下していく可能性があります。
集客率を上げるためには工夫が必要ですが、具体的にはどのような工夫が必要なのでしょうか?
それでは、集客をアップさせる方法をみていきます。

■回転率を上げて集客アップを目指す

どんなに料理が美味しく、接客が丁寧な飲食店であっても回転率が悪ければ売上も下がってしまいます。
お客さんが長時間滞在する飲食店だと他のお客さんが入ることができず、これが集客を阻んでしまう原因となるのです。
夜はお酒を飲みながら長時間の食事を楽しむ人が多いので、回転率をアップさせるのはランチタイムに限られます。
特に男性のお客さんが多い飲食店の場合は、お昼だと工夫次第で回転率を上げることが可能です。
働いている男性の場合、休憩時間に限りがあるのでだいたい30分で食事を済ませる傾向があります。
お店への滞在時間を30分前後に抑えるためには、スタッフの連携や提供スピード、皿を下げるスピードが重要です。
スタッフが各自で自由に行動していれば連携も崩れてしまうため、日々コミュニケーションを取ってしっかり連携を取ることで、動きのムダがなくなります。
また、料理を出すまでの時間も遅いと回転率を悪くさせてしまうので、効率良く料理を出せる工夫が必要です。
料理がなかなか出てこないとお客さんもイライラし、より集客率を下げてしまう可能性があります。
食後のお皿を下げると理解のあるお客さんは早めにお店を出ようともしてくれます。
もし帰らなくても片付けの手間を軽くできるので、どちらにしてもメリットはあるでしょう。

■リピート率を上げる

集客では一定のリピートを得ることも大切です。
リピート客を増やすためには、付加価値を与えることが必要でしょう。
例えば、ご飯や味噌汁はおかわりできるなどの付加価値があります。
しかし、この場合は客層を限定させてしまう可能性があるのです。
現代では外でもスマホやノートパソコン、タブレットが使われる時代なので、充電サービスやフリーWi-Fiの提供があると集客率とリピート率を上げられる可能性が高いです。
子ども向けには漫画や絵本を用意すると良いでしょう。
最近話題の漫画や人気作を用意すれば、漫画好きの大人もリピート客として集客できる可能性があります。

■お店の外観や内装への工夫

料理が美味しいお店でも、お店の外観や内装がキレイでないと残念に思う方も多いはずです。
お客さんのほとんどは居心地が良いお店を好きになるので、外観や内装のデザインはとても重要と言えます。
インテリアや配置もそうですが、外壁や内壁の色を変えるだけでもおしゃれなお店にレベルアップさせることが可能です。
しかし、どんなにおしゃれなお店でもメンテナンスが不足していると、残念なお店となっています。
お店がキレイな状態をキープすることも心地よい空間と印象付けてもらい、集客を狙うことができるでしょう。
見えるところだけではなく、見えづらいところにも気を使うことも大切です。
お客さんの中にはトイレが汚いから行きたくないと思う人もいます。
不特定多数が使うトイレなので、トイレも常にキレイな状態が望ましいです。
かといって掃除の時間は限られるため、できるだけキレイに使ってもらう工夫がポイントとなります。
よく「トイレはキレイに使ってください」と貼り紙がされていますが、これではあまり効果がありません。
しかし、「いつもキレイに使って頂きありがとうございます」という言葉にすれば、自分もキレイに使おうと意識する人が増えます。
表現を変えるだけでも人の気持ちを変えることができ、キレイなトイレを維持することが可能です。
見えづらいところまでキレイだとお客も安心して来られるので、自然と集客率を上げることができます。

■アンケートの設置でお店を改善

飲食店ではクレームも多く、それに悩まされる方も多いでしょう。
クレームが収まらない理由は、問題点が解消されていないからです。
物事をはっきり言う人がいる一方、なかなか言い出せない人も多いでしょう。
しかし、アンケートを設置して任意で回答してもらえば、どんなところが良くて、どんなところが悪いのか把握することができます。
特に多い悪い点が見つかれば、改善に向けた対策を考えることも可能です。
改善すれば満足度も上昇し、自然とお客も集まりやすい流れになります。
真摯に受け止めて改善していくスタイルを見せることも、信用を勝ち取るための良い手段と言えるでしょう。
各席や一定の場所にアンケート用紙と箱を置くのも良いですが、中には回答したことを誰にも知られたくないというお客もいます。
そんなお客でも気軽に答えてもらえるように、アンケートはがきを用意すると良いでしょう。
はがきであれば自宅で記入してから送ってきてもらえます。
アンケートを促すためには、回答者にお食事券をプレゼントするなど回答者を増やす工夫も大切です。
ややコストはかかりますが、お客の意見から改善点と好評な点を見つけて工夫していくことも重要でしょう。

一番最初に目に入る外観はかなり重要!

店舗の内装をどんなに工夫しても外壁がそれに伴っていなければ、集客率をアップさせることはできません。
店舗の外観は「ファサード」といって集客の有無と直結するくらい非常に重要なポイントになります。
店舗の外観は外壁塗装を少し工夫するだけでも飛躍的な影響が望めるでしょう。
ここでは、集客の鍵を握る外観や外装デザインに着目して、集客・売上を増やしていくためのポイントをご紹介していきます。

スポンサーリンク



■外観はどんな業態の店舗であるかの見極め材料

店舗のデザイン性を決める際に、外観や外装の仕上がりは非常に重要になります。
お客さんは店舗の外観や外装デザインを見て、入店するかどうかを決めると言っても過言ではありません。
ですからお客さんが店内に入ってもらうためには外観・外装デザインを工夫することが必要不可欠です。
例えば外観を見て飲食店なのか、美容院なのか、または雑貨屋さんなのか判断できないようではお客さんも入りにくいはずです。
何を目的とした店舗なのか、一目でわかるような外観デザインを取り入れることが重要になってきます。
何を販売している店舗なのか、具体的に何を売っているのかは入店してみないと実際のところはわかりませんが、おる程度のイメージをつかんでもらうことは必要です。
そしてその店がどんな人のためにどんなコンセプトを持っているのかというメッセージ性も伝わるようにしていくと良いでしょう。
例えば飲食店であれば和風・洋風・中華・高級料亭、ファーストフードなどを外観で示すことができれば、どんな趣味趣向でどのくらいの年齢層の人なのかターゲットを明確にすることができます。

■外観は入店を決めるまでのプロセスになる

お客さんがお店の前を通って、入店するかどうか決めるためには以下の3つの行動で判断することができます。

1.看板・外観が目にとまる
2.入口付近にある商品・メニューを見る
3.店内の様子や雰囲気を観察する

以上の3工程を全てクリアできた場合は、お客さんに安心感を与えることができるので入店につながるケースが多いです。
スムーズに店内に入ってもらうためには、それぞれの工程で警戒心を解いてもらうことが必要になってきます。

■入店したくなるファサードとは?

1.目を引く看板を設置する

お店の看板は「ここにはこんなお店があります」と気づいてもらうための役割を持っています。
そのためにはお客さんが一番目に入りやすい目線上にあり、アイキャッチできる機能がなくては意味がありません。
集客できるポイントを探して看板を設置するようにしましょう。

2.入口には商品紹介を用意する

お客さんはお店に入る前に商品を確認できるととても安心します。
飲食店であれば入口に写真と値段付きのメニューを展示したり、メニューブックを置いたりすると良いでしょう。
入店する前にそれを見て「これを食べてみたい」「これを注文しよう」という気持ちにさせることができれば成功です。
小売店であれば店頭に実際の商品を手にとってもらい、アピールすることで客足も変わってきます。
美容院や整体などサービスを提供する店舗は、値段があらかじめ把握できるメニュー表や写真などを掲示しておくとより効果的です。

3.店内が外から見えるようにする

入店するかどうか最後の決断は、店内の様子がどのようになっているかということです。
1階建ての店舗であれば、店の中と外の境目をできるだけなくし、店内の様子や店員さんの姿が見れるようにするとお客さんの決断に大きく影響します。
外側に面した部分を全面ガラス張りにしても良いでしょう。
地下や2階以上の店舗は、店内の様子がわかる写真や映像を入口に展示しておくとお客さんの安心感が生まれやすくなります。

■外観塗装や外装デザインの注意点

店舗の外観や外装は集客率に直結すると上述してきましたが、お客さんがどの方向から来るかのかを把握しないで店舗を運営しているところは多いものです。
店舗周辺の人の流れがどのように動いているのか、どの方向からお客さんが近づいてくることが多いのかをきちんと確認しておきましょう。
看板や外装を店舗の真正面でアピールしても、少し離れたところからは目に入りにくいこともあります。
お客さんが通り過ぎる瞬間しか認識できなかったら、当然外観デザインの意味もなくなってしまいます。
お客さんは必ずしも正面から流れてくる訳ではないので、実際に店舗の周辺を歩いてどのような人の流れになっているかチェックしてみましょう。
そして、近隣に競合店舗がある場合はターゲットやコンセプトが同じようになってしまうので、外観に違いを見せる必要があります。
競合店の外観や外装を把握した上で、独自のデザインを表現することも大切なことです。

以上のようにお客さんは店舗のファサードを見て直感で入店の判断を行います。
インターネットやメディアで集客を高めても、実際に入口前で躊躇されてしまっては意味がありません。
入店してもらえなければ商品を手にとってもらうことも、商品の良さも伝えられないので、外観や外装に予算をかけることもお店の身だしなみとも言えるのではないでしょうか。

店舗外装にかかる費用とコストを抑えるポイント

売上アップのために店舗の外装工事を行おうと考えても、費用の面から躊躇してしまう人もいます。
外装工事は意外と費用が高くなることが多いので、今後のことを考えてしまうとどうしても踏み切れないことがあるのです。
そこで、外装工事に掛かる費用やコストを抑えるための方法を紹介していきますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク



■外装工事にはどのくらいの費用が必要になる?

お店のイメージ作りに大切な外装工事ですが、どのくらいの費用が必要なのかと言うと規模や使用する材料の種類によっても違いがありますが、相場としては以下の通りです。

・外装塗装:1㎡2000円~5000円
・サイディング:1㎡4000円~10000円
・タイル:8000円~30000円
・左官材:10000円~15000円

外観に使われる費用の相場はこのくらいとなるでしょう。
そのほかに看板の設置やエクステリアの植栽やライト設置などの費用がプラスされます。

外装に関しては、使用する塗料だけではなく使う材質などによって大きな違いがあります。
価格が性能につながることから、安いものであると耐久性が低いなどして満足できない可能性もあるでしょう。
塗装を施すのではなく、サイディングを行うのであれば費用を抑えることにもつながりますが、デザインが多くあるので見栄えのことを考えるとどうしても高いものを選んでしまう傾向にあります。
価格が安いものを選択することで、安っぽく感じることがないよう気を付けましょう。
タイルに関しては費用が高くなってしまいますが、個性を出すには最適と言えます。
また、塗装を行うにあたっては外壁洗浄や下地の補修、足場設置などの費用も必要になるので、その他にも多くの費用が必要となってくるかもしれません。
特に足場設置に掛かる費用が高くなる場合が多く、1㎡800円から1000円程度が相場となるでしょう。

■ひとつの業者に依頼をする

店舗外装に掛かる費用を抑えるための方法として、業者選びを1件に絞る方法があります。
店舗の外装工事では、外観だけではなく看板など他の部分を一緒にメンテナンス・補修をしてもらうことが多いです。
一括で工事を行うことでバラバラに工事を行うよりは費用を安くまとめられますが、業者を複数にすることで費用がアップしてしまう可能性もあるのです。
そのため、外装は外壁塗装専門業者に依頼をして、看板は看板専門の業者に依頼するなどをしてしまうと、業者によって諸経費が掛かる場合があるので総額が高くなることが考えられます。
諸経費は業者によって思ったよりも高額になり得るので気を付けましょう。

■たくさんの塗装業者に見積もりを依頼する

近所にある塗装業者にのみ見積もりを依頼しただけでは、相場を知ることができません。
複数の業者に見積もりを依頼することで相場を知ることができるほか、業者によっては費用を値下げしてくれる場合もあります。
ですが、あまりに値下げをしてくる業者や相場よりも大幅に安い業者は危険でもあります。
人件費を削って工期が長くなってしまったり、外壁塗装で大切な手順を1ヶ所省くことで費用が安くなっている場合があるのです。
安いからといって、即決するのではなく対応を見て任せても安心な業者に依頼するようにしましょう。
また、実際に体験した口コミを確認してみるのもおすすめです。

■居抜き物件を選んで外装工事を行う場合

前のテナントが使用していた内装や設備がそのまま残っている状態のことを居抜き物件と言います。
新しく店舗をオープンさせる場合には良く使われる物件となりますが、費用を抑えるためには選ぶポイントがあります。
それは自分の理想に近いことです。
理想に近い物件であることで大幅に工事をしなくて済むのですが、変化に気がつかなく新鮮味がないことも考えらるので気を付けましょう。

■塗料のグレードを下げる

外壁塗装では様々な塗料が使用されます。
豊富な種類と性能が魅力となっていますが、性能が良い塗料を選ぶとコストも上昇してしまうのです。
費用を下げるためには塗料のグレードを下げることも大切とはなりますが、長い目で考えるとグレードの高い塗料の方が良い場合もあるのです。
理由としては費用が高い塗料は高性能なので耐久性が高いので長持ちします。
そのため、メンテナンスに掛かる費用を抑えることができるのです。
アクリル樹脂系の塗料やシリコン系塗料は比較的安いので、費用を抑えることができますが、すぐに劣化してしまう危険もあるのでメンテナンス費用が増えることも考えられます。
そうすると、メンテナンスで多くの費用を使ってしまい、結果として赤字になってしまう可能性もあるので注意が必要なのです。
シリコン系の塗料は費用と性能のバランスが良いので、ランニングコストに優れているためおすすめです。

外装工事では多くの費用が必要になる可能性があります。
コストを抑えるためにも業者や使用する材料のことをしっかりと把握して費用を抑えられるよう努力していきましょう。

外壁塗装&メンテナンスで集客率アップを目指そう!

住宅同様に、店舗などの建物でも経年劣化は同じように進んでいきます。
これも定期的なメンテナンスが必要になってきますが、店舗などは特に外壁塗装など外観のお手入れをきちんと行うことで、集客アップや売上アップなどの利益と直接関係してきます。
またより知ってもらうための知名度なども外壁塗装によって上がってくることがあるので、外壁などのメンテナンスをきちんと行いましょう。
外壁塗装をする理由や怠ってはいけない理由、手順などもご紹介します。

スポンサーリンク



■外壁塗装によって店舗の資産価値を上げることができる

店舗の外壁塗装をすることによって、集客アップなど利益につながるだけでなく、店舗の美観を良くして資産価値を上げることもできます。
資産価値を上げる直接的な効果は、耐久性が上がることです。
店舗の耐久性が上がることで、建物の寿命を延ばして資産価値を高くすることもできるため、外壁塗装を定期的に行うことが重要となってきます。
外壁塗装の塗料にはアクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系などの種類があり、これらの塗料にはそれぞれの機能によって遮熱効果や遮断効果などがあるので、店舗の周辺環境にあった塗料を使うことで、塗料の持っている効果を十分に発揮できるようになります。
これらの機能性塗料は店舗の耐久性を長持ちさせることもできるので、効果的な塗料となるでしょう。
機能性塗料は、店舗の外壁塗装にはプラスになることもある機能性塗料ですが、他の塗料に比べると少し値段が高くなってしまうので、今後のメンテナンスなども考慮して取り入れてみましょう。

■外壁塗装するポイント

外壁塗装のポイントは、汚れを落とすことと劣化部分の補修です。
外壁の表面には見えない汚れがたくさんついています。
外壁の色によっては見えにくい汚れになりますが、この汚れが付着していることで外壁の効果を落としてしまいます。
また、汚れを付けたままにしておくと、その上から外壁塗装をしても塗料がしっかりと密着できず、短時間で剥がれてしまったり、施工不良につながってしまう可能性があるので、外壁塗装の際には必ず外壁の汚れを落としてから行うことが重要です。
主に外壁に付着している汚れとして、ホコリやカビ、コケ、藻、排気ガス、土、錆び、古くなった既存の塗膜なども汚れになります。
このように、多くの汚れが付いた外壁は強力な高圧洗浄などでしっかりと取り除き、手作業で細かい部分まで丁寧に落とすことで、塗料をしっかりと密着させることができるのです。

また、外壁塗装前には劣化箇所の補修も欠かすことができません。
錆びなどによって引き起こされた腐食や外壁の傷、へこみ、割れ、クラックなど外壁の劣化は早めに補修することで、これ以上の劣化を防ぐだけでなく、塗装の品質を高めることもできます。
特に鉄部に錆び落としや錆び止め塗料の塗布、クラック部分の防水処理などは建物の耐久性に直接関わってくるので、しっかりとした補修が必要となります。
外壁塗装の塗り直しの前にこれらをきちんと行ったかどうかで店舗の価値も大きく変わってきます。

■店舗の外壁塗装を怠ってはいけない?

外壁塗装にかかる費用は、1回で数十万~百万単位になることもあり、さらに工事期間中は営業できない日が出る可能性もあり、思い切ることができない方もいるかもしれません。
しかし、店舗の外壁塗装をすることで多くの集客が見込めるだけでなく、建物の資産価値をあげて建物を保護することもできるため、なるべく怠らないようにしましょう。
もし定期的なメンテナンスを怠ってしまうと、外観の古さで売上が下がってしまったり、劣化が進んで工事内容が増えたことで高額な費用がかかってしまう可能性もあります。
店舗の外観は新しいほど惹きつけられるため、古くなってしまったことで客足が遠のいたり新規顧客が呼び込めなかったり、悪いイメージに変わってしまったりすることもあります。
また、外装が古くて汚れていると、この店舗は建物を補修する余裕がなく、経営状態が悪くなっているなんて悪い噂につながってしまうかもしれません。
外観が古いと不衛生に見えてしまい、飲食店の場合には大きなダメージになってしまうこともあるので、清潔さのある店舗でいられるように心がけましょう。
あえてアンティーク風に古く見せている場合は、放っといたままでアンティークな雰囲気を出すのではなく、きちんと手入れをして保存状態を良くしておくことが大切です。

外壁塗装のタイミングとしては約10年~15年程度となっており、ほとんどの塗料の寿命からこの期間が最適だとされています。
塗装から10年程度経過することで、色あせや手で触ると白くなるチョーキング現象、外壁の剥がれなどの劣化が見られるようになってきます。
このような現象が確認できたら、新しく外壁塗装するタイミングとなります。
突然の修繕に費用が用意できないことがないように、事前に積み立てなどで計画的に費用の準備をしておきましょう。

いかがでしたでしょうか?
店舗の外壁塗装には、集客率アップだけでなく知名度や売上などの経営に関わる部分でも大きな意味があります。
また建物の価値を上げるためにも定期的なメンテナンスを怠らないようにしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-注意喚起・対策
-,

関連記事

リフォーム中の仮住まいはどうするべき?

目次1 大規模リフォームは仮住まい選びも重要!1.1 ■住みながらリフォームはできる?1.2 ■目安はどれくらい?2 仮住まいの種類2.1 ■実家2.2 ■ホテル2.3 ■ウィークリーマンション2.4 …

外壁塗装でオシャレな外観に大変身!

目次1 1.仕上げ塗りの解説1.1 ■仕上げ塗りの厚さについて1.2 ■仕上げ材について1.3 ■代表的な仕上げ方法の種類2 2.仕上げはタイプによって様々!2.1 ■複雑な模様を職人の技術で作りだす …

外壁の防水性能を取り戻し、家の長寿命化!

目次1 日本の四季の特徴1.1 ■春の気候の特徴1.2 ■夏の気候の特徴1.3 ■秋の気候の特徴1.4 ■冬の気候の特徴1.5 ■日本の雨量について2 定期的なメンテナンスで長寿命の家に2.1 ■住宅 …

外壁塗装はアパートの入居者増につながる?

目次1 アパートでも外壁塗装が必要な理由は?1.1 ■アパートは外壁塗装でメンテナンスを行うもの!1.2 ■外壁掃除と外壁塗装で日頃からきれいに2 オススメの外壁カラー!2.1 ■人気の外壁カラー2. …

紫外線は肌だけじゃなく外壁にとっても敵だった!

目次1 そもそも紫外線が人にとって怖い理由1.1 ■紫外線の種類1.2 ■紫外線は人にとってどんな影響を与えてしまう?2 色褪せだけじゃない!紫外線は外壁にも大きな影響を与えている2.1 ■紫外線で色 …

検索(撥水・住宅財形etc…)

カテゴリー

ペンネーム:MAYUMINS

NAME