外壁塗装はアパートの入居者増につながる?(要約ver) – 屋根&外壁塗装情報サイト

屋根&外壁塗装情報サイト

\ 外壁屋根の増築・改築リフォームの依頼前に押えておいてもらいたい情報をお伝えします/

6分で読める

外壁塗装はアパートの入居者増につながる?(要約ver)

アパート 外壁塗装

住宅の外壁塗装メンテナンスはよく耳にしますが、アパートやマンションも同様に外壁のメンテナンスが必要となります。
共同賃貸住宅だからこそメンテナンスを気にするということには意味があるのです。
ここではアパートの外壁塗装の必要性についてご紹介していきます。

■アパートはなぜ乱暴な扱いをされるの?




アパートの入居者は、自身の持ち物ではないため乱暴に扱ったり外壁に物をぶつけてしまいがちです。
どうせ古いからという理由で擦れたり傷ついたりしても、目立たない・気づきにくいということも考えられます。
ですから一般的な住宅に比べると、アパートの劣化は大切に扱ってもらえない分非常に早いのです。
人に貸すための住宅だからと、建築にかかる費用を安くするため材料を価格で決めてしまうと寿命もそれなりに早くなってしまいます。
アパートがすぐに古臭くなったり、早い段階で劣化してしまう原因は安い材料を使っているという要素が一番に挙げられるでしょう。
どんどん新しいアパートが建設されていけば、当然劣化したアパートに借り手が集まらなくなってしまいます。
それによって家賃収入が減ってしまい、アパートの劣化状況はどんどん進んでいくと考えられます。
アパートの外観を綺麗に保つための外壁塗装は、非常に重大な効果を発揮してくれるのです。

■綺麗なものは大切に使おうという気持ちになる

綺麗な建物に対して人は大切に扱おうという心理を抱きます。
アパートの外壁塗装をすることによって、入居者は建物を丁寧に扱おうとするので劣化防止にも繋がります。
外観というのは建物の第一印象で、綺麗な状態であることは魅力に思ってもらえるポイントです。
例え築年数が古くても、外壁塗装を行っただけでも入居者が増えたというケースもたくさんあります。
借り手は不動産でいくつかの物件と比較しながら検討するので、見た目が綺麗だということは非常に重要な項目になるでしょう。
また、塗料材を強靭な塗膜にすることで省エネ対策になり、入居者の暮らしが快適になります。
建物自体も長持ちさせることができ、雨漏りなどから建物を守ることも可能です。

■アパートの外壁塗装のメンテナンス時期とは?

一般的に外壁塗装のメンテナンスは10年くらいが目安となっています。
アパートでも同じサイクルで外壁塗装する必要がありますが、不具合が発生した場合アパートなどの共同住宅は特に迅速な対応が必要になるでしょう。
チョーキング、ひび割れ、クラック、塗膜の膨れ、剥がれ、こすれ、変色、カビや藻の発生などの不具合が起きた場合はすぐに対処する必要があります。
放置しておくと雨漏りや大きな被害になる可能性があるので、早急に外壁塗装することをおすすめします。

■アパートの外壁塗装の材料選びについて

アパートの外壁塗装選びは、税金対策を考慮しておくことが大切です。
現状と同じ塗料を使用すれば修繕費に該当するので出費を抑えることができますが、グレードの高い塗料にすると修繕費だけでは収まらなくなってしまいます。
しかし、少し費用が高くなってしまっても、セルフクリーニング効果のある塗料や防カビ・防藻効果のある塗料を選ぶとアパートの外壁を長期間綺麗に保つことができるでしょう。
寿命の長い塗料を使用し、トータル的なコスパに繋がる外壁塗装を行うことも重要だと言えます。
また、せっかく足場を設置するのであれば同時に行えるメンテナンスをしておくと後から追加で工事する負担も少なくなります。

■アパートの外壁塗装工事のタイミングと期間

アパートの建物は普通の住宅の倍以上の大きさがあるので外壁塗装工事も2~3週間近くかかってしまいます。
冬や夏は湿気も多く、温度問題もあるのでできれば春か秋の時期にかけて行うのが理想的です。
しかし春は梅雨、秋は台風が懸念されるのでタイミングは非常に難しいでしょう。
外壁塗装工事は、湿度が85%以上になると工事が行えない規則があるので、季節的に問題なくても雨降りの日は工事を中止しなくてはなりません。
何事もなく工事が進められれば2~3週間で完了しますが、結果的に1ヵ月近くかかってしまうケースもあります。
従ってアパートに入居者がいる場合は様々なことを配慮しなければいけません。

・駐車場の利用ができなくなる

外壁塗装の塗料が駐車している車に付着してしまう可能性があるため、他の場所に車を駐車しなければいけなくなるかもしれません。
塗装時間を過ぎていれば問題ありませんが、念のため入居者が帰宅する時間帯を確認しておきましょう。

・部屋が暗くなる

外壁塗装を行う時は必ず足場やシートを設置するので、外の光が遮られてしまうかもしれません。
工事期間中は部屋が暗くなり、作業の音が気になる可能性があります。

・塗料の臭いが部屋にこもる

最近の外壁塗料は水性が多くシンナー臭くなりませんが、どうしても塗料独特の臭いは発生してしまいます。
中には臭いが刺激になって具合いが悪くなったり、不快に感じてしまう人もいるので注意が必要です。

このように外壁塗装工事は我慢しなければいけないこともいくつかありますが、絶対に必要なメンテナンスなので、入居者には事前に上記のような問題が発生する場合があるとリスクを伝え、理解してもらいましょう。

アパートは不特定多数の人が利用する建物なので、見た目を綺麗にするということはアパートの価値を上げることにも繋がります。
外壁の塗膜は経年によって必ず劣化してしまうものなので、大家さんも入居者もどちらも快適に過ごすためにはとても重要なことなのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-6分で読める
-

関連記事

どうして外壁塗装が剥がれてきてしまうのか?

目次1 ■外壁塗装が剥がれることでの問題2 ■外壁塗料が剥がれてしまう原因とは3 ■わずか3年で外壁塗料が剥がれてしまった場合4 ■外壁塗料の剥がれの補修は自分でできる? ■外壁塗装が剥がれることでの …

サイディングボードの張り替えと外壁塗装はどう違う?

目次1 ■サイディングボードの張り替えと外壁塗装、どちらが一般的?2 ■張り替えと塗装のメリット・デメリットとは?3 ■重ね張り・コーキングの打ち増しなどの方法 近年、サイディングボードを取り入れた外 …

外壁塗装の道具

外壁塗装で使用する道具をチェック!

目次1 ■外壁塗装でも最も使用されるローラー2 ■細かい作業には刷毛を使用3 ■吹きつけ塗料に使うスプレーガン4 ■養生に使用する道具について5 ■下地作業で使用する道具について 外壁塗装では色々な道 …

外壁塗装に撥水コーティングは必要?不要?

目次1 ■外壁素材によって撥水コーティングが必要2 ■撥水コーティングのメリット3 ■撥水コーティングのデメリット4 ■撥水コーティングは錆に効果あり?5 ■撥水コーティングの特性を活かそう ■外壁素 …

自分でウッドデッキを塗装する時の注意点(要約ver)

目次1 ■塗装前のウッドデッキの下処理が重要2 ■塗装の前にはウッドデッキをしっかりと乾燥させよう3 ■塗装では養生も重要4 ■塗料に関する注意点5 ■塗装する際の注意点 近年はDIYが人気となり簡単 …

検索(撥水・住宅財形etc…)

カテゴリー

ペンネーム:MAYUMINS

NAME