DIYで外壁塗装を行う方法(要約ver) – 屋根&外壁塗装情報サイト

屋根&外壁塗装情報サイト

\ 外壁屋根の増築・改築リフォームの依頼前に押えておいてもらいたい情報をお伝えします/

3分で読める

DIYで外壁塗装を行う方法(要約ver)

DIY

DIYで外壁塗装を行いたいという場合は、DIYの手順や方法をしっかり踏まえた上で取りかかりましょう。
壁に塗料を塗るだけだからDIYでも十分だろうと考えるのは仕方ないかもしれません。
しかし専門知識を持っていない素人がDIYで外壁塗装するのは危険なリスクを伴う可能性があります。
DIYで外壁塗装する際に必要なことを見直していきましょう。

スポンサーリンク



■足場を設置する

足場は基本的に両足でしっかり立って安定した姿勢で作業できることがポイントになります。
塗装作業では両手を使うことで作業効率もぐんと高くなりますし、何より安全面の確保になります。
仮設足場や、飛散ネットは必ず必要な物になるでしょう。
レンタルや仮設足場の設置だけ行ってくれる業者もあるので利用してみてもいいかもしれません。
はしごやロープ、脚立などで簡易的に足場を作るのは非常に危険なので絶対にやめましょう。

■外壁を洗浄する

外壁にはゴミや汚れが付着しているので、塗装する前に高圧洗浄機を使ってきれいに洗い流す必要があります。
一般家庭に高圧洗浄機があるというケースは珍しいので、水道栓にホースをつないで汚れを落とすことになるでしょう。
家の外壁を隅々まで洗うには、長いホースを用意しないといけないので、ホース同士をつなぐパーツを市販で購入しましょう。

■下地処理を行う

下地処理とは外壁に塗料がしっかりくっつくようにするための作業で、薬剤を使いながらクラックを修復する作業も必要となってきます。
薬剤と補修道具がセットになってインターネットや塗装販売店で売られているので購入しましょう。

■段階に分けて塗装する

塗料を塗る工程は下塗り、中塗り、上塗りと分けて作業を行っていきます。
塗料場所によって、ローラーの大きさや刷毛を使いわけ、安全を考慮して三大メーカーの塗料を使用しましょう。
塗装工程は必ず塗料が完全に乾いてから重ねて塗っていくようにし、ムラや剥がれがないようにします。

■安全対策道具として

外壁塗装を行う場合は身につけるものも万全にする必要があるので事前に揃えておきましょう。
ヘルメット、保護用ゴーグル、防毒マスク、滑り止め専用ゴム靴、作業服などは最低限用意する必要があります。

DIYで外壁塗装を行う場合は、人件費がかからず自分で自由に作業できる良い面もありますが、工事期間が長くなったり安全面など負担になることも考えられます。
DIYで楽しく外壁塗装したいという人も多いのですが、専門業者に依頼した方が手間なく仕上がりも綺麗になるので、できるだけ安全面を第一に考え専門業者に依頼し外壁塗装を行いましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-3分で読める
-

関連記事

外壁塗装で見られる保証の種類

目次1 ■外壁塗装の保証にはいくつかの種類がある2 ■自社保証とは3 ■業者が加盟している保証とは4 ■塗料メーカーの保証とは5 ■保証対象外はあるの? ■外壁塗装の保証にはいくつかの種類がある 外壁 …

外壁塗装と一緒に行っておきたい、塗膜劣化・爆裂補修

目次1 ■ 塗膜劣化の補修工事2 ■壁の方角によって劣化具合に違いがある3 ■爆裂現象の補修工事 ■ 塗膜劣化の補修工事 塗料を外壁に塗った時、乾かすことで保護膜ができます。 この保護膜が塗料を保護す …

珪藻土(けいそうど)外壁の特徴とメリット・デメリット

目次1 ■珪藻土外壁の特徴2 ■珪藻土外壁のメリット3 ■珪藻土外壁のデメリット ■珪藻土外壁の特徴 珪藻土というのは、珪藻と呼ばれる植物性プランクトンが化石になり、水底で泥土(でいど)化したものです …

見積書でチェックしておきたいポイント

目次1 ■外壁塗装する部分の面積が正しいかどうか2 ■一式と書かれている項目が多いか3 ■塗装のメーカーやグレードの確認4 ■外壁塗装は何回塗りをするか 外壁塗装の見積書に書かれている項目は、基本的に …

下塗り用塗料の種類と工法の全て

目次1 ■下塗り塗料の種類について2 ■下塗り塗料の工法 下塗り塗料では、下塗り塗料の専用塗料があります。 それは家の状態や材質によって使い分けられているのです。 ここでは、下塗り塗料の種類と工法につ …

検索(撥水・住宅財形etc…)

カテゴリー

ペンネーム:MAYUMINS

NAME