外壁塗装独特のニオイの元って何? – 屋根&外壁塗装情報サイト

屋根&外壁塗装情報サイト

\ 外壁屋根の増築・改築リフォームの依頼前に押えておいてもらいたい情報をお伝えします/

3分で読める

外壁塗装独特のニオイの元って何?

外壁塗装の臭い

外壁塗装を行うと、工事期間中は塗料の臭いが気になってしまう方も多いのではないでしょうか。
特に嗅覚が敏感な人にとってはツラいものがあります。
では、この塗装時に起きるニオイは何が原因で発生してしまっているのでしょうか?
また、人体には影響をおよぼすことはないのでしょうか?

スポンサーリンク



■ニオイの原因は?

外壁塗装に使用されている塗料の中でも、イソプロピルアルコールやメタノールなどのシンナーを使用している塗料があり、これらが強いニオイの原因となっています。
シンナーは吸いすぎてしまうと体に影響を及ぼすことがあります。
例えば吐き気やめまい、頭痛、月経不順、目や鼻・喉などへの刺激や不快感など、軽度でもこのような状態が出てしまう恐れがあるのです。
これが重度の症状になるとノイローゼや不妊、呼吸困難、アトピーの悪化などにも繋がる恐れがあります。
また、シンナーというのは呼吸から体内に入ってくるだけではなく、皮膚から侵入してきてしまいます。
これは、シンナーが油で溶けてしまう性質を持っているため、皮膚表面にある皮脂とつながり、そこから体内に入り込んでしまう可能性もあるので、施工現場ではなるべく肌は出さない格好が良いです。
作業員の方も肌は出さず、長袖長ズボンで作業を行っているのは、肌から侵入しないようにするためだったのです。

■ニオイの対策方法

ニオイの対策方法としては、一つにマスクを着用するという方法があります。
手軽に手に入るものですが、実際は専用のマスクを使用しないと意味がありません。
専用というと、防毒マスクや有機ガス高濃度用防毒マスク、キーメイトマスクなどがあります。
施工現場に入って立ち会う時は必ず防毒マスクを使用しましょう。
もしくはそもそもニオイの少ない塗料を選ぶことはニオイ対策にもつながります。
シンナーを使っていない水性塗料や揮発性有機化合物(VOC)の含有量が少ない塗料などはニオイ対策に直結させられます。
ただし、これらの塗料は下地によって塗れないものもあるので気を付けなくてはなりません。
また作業中は基本的に出掛けていく、妊婦さんや子ども、ペットなどが心配な時は帰省したりホテルを利用するという手があります。
こういった方法も検討しつつ、自分はどの方法が合っているのかを見つけていきましょう。
また、外壁塗装業者なら、ニオイ対策も十分に行っているため、どうすればいいのか分からないという時は、一度外壁塗装業者に相談してみましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-3分で読める
-

関連記事

低汚染塗料とは?特徴とメリット・デメリット

目次1 ■低汚染塗料の特徴2 ■低汚染塗料で外壁塗装を行うメリット3 ■低汚染塗料のデメリット ■低汚染塗料の特徴 低汚染塗料は、塗膜に特殊なコーティング技術が施された塗料です。 この特殊なコーティン …

珪藻土(けいそうど)外壁の特徴とメリット・デメリット

目次1 ■珪藻土外壁の特徴2 ■珪藻土外壁のメリット3 ■珪藻土外壁のデメリット ■珪藻土外壁の特徴 珪藻土というのは、珪藻と呼ばれる植物性プランクトンが化石になり、水底で泥土(でいど)化したものです …

汚れが落ちやすい塗料について

目次1 ■汚れが落としやすい、付きにくい塗料の条件2 ■外壁が汚れてしまったらどうする? 外壁塗装で使用する塗料の中には、汚れが落としやすく、汚れにくさを持った塗料が各メーカーから販売されています。 …

外壁塗装と一緒に行っておきたい、塗膜劣化・爆裂補修

目次1 ■ 塗膜劣化の補修工事2 ■壁の方角によって劣化具合に違いがある3 ■爆裂現象の補修工事 ■ 塗膜劣化の補修工事 塗料を外壁に塗った時、乾かすことで保護膜ができます。 この保護膜が塗料を保護す …

ポリマー塗料の特徴とメリット・デメリット

目次1 ■重合されているポリマー塗料2 ■ポリマー塗料でも地震には耐えにくい3 ■保証期間の有無とメンテナンス ■重合されているポリマー塗料 単量体のことをモノマーといい、そのモノマーが複数重合されて …

検索(撥水・住宅財形etc…)

カテゴリー

ペンネーム:MAYUMINS

NAME