実は色々!外壁塗装業者の形態と気を付けるべきポイント – 屋根&外壁塗装情報サイト

屋根&外壁塗装情報サイト

\ 外壁屋根の増築・改築リフォームの依頼前に押えておいてもらいたい情報をお伝えします/

資金繰り・業者選び

実は色々!外壁塗装業者の形態と気を付けるべきポイント

外壁塗装業者選び

外壁塗装を依頼する場合、様々な外壁塗装業者がいてどこに依頼するべきか悩む方も多いのではないでしょうか?
外壁塗装業者と言っても実は形態が多く、専門業者だからと言ってタイプが違っているのです。
では、外壁塗装業者にはどのような形態が見られるのでしょうか?
ここでは外壁塗装業者の様々な形態と、選ぶ際の気を付ける点についてご紹介します。

スポンサーリンク



外壁塗装業者の様々な形態とは?

外壁塗装業者というと、やはり専門業者を思い浮かべる方も多いかと思いますが、専門業者であっても様々な形態があります。
それぞれの形態でどんな特徴がみられるのでしょうか?

■大手塗装業者

大手の塗装業者はブランドやCMなどの広告があるため、外壁塗装業者の形態の中でも一番知名度が高いと言われています。
大手塗装業者では住宅というより公共事業を中心に仕事を請け負っているところも多いのですが、中には住宅の外壁塗装も行っているところがあるので、依頼する場合はそちらに依頼するようにしましょう。
特徴としては自社に外壁塗装の職人を抱えているケースは少なく、ほとんどは下請け業者に任せているという点が挙げられます。
仕事が早く臨機応変に対応してくれる下請け業者に依頼し、外壁塗装を行っていきます。
大手の塗装業者は、外壁塗装施工の依頼が入ると下請け業者へ仕事を下ろしますが、この時下請けが儲けすぎないように金額を調整します。
下請け業者はその値段に応じて作業を行うのですが、なるべく早く行った方が人件費が安く済むため、丁寧さよりもスピードを重視してしまう可能性があるのです。
そのため、大手塗装業者だからと言って安心な施工が行われるというわけではないということを理解しておきましょう。

■営業タイプの塗装業者

大手の塗装業者は広告費を十分に捻出することができるので、チラシだけではなくネット広告やCMなど、様々な広告を打ち出すことで知名度を高めています。
しかし、営業タイプの塗装業者は営業担当者による力で仕事を確保していくタイプと、ネット広告を頼りに営業するタイプに分かれるのです。
営業担当者による力で仕事を確保していくタイプでは、営業力がかなり重要となります。
なぜなら、営業担当者が仕事を確保できないと仕事にならないからです。
営業担当者は基本的に施工サービスを売るだけで、その後はほとんど施工に関与しません。
中には施工中に家族の話を聞いたりする人もいますが、施工自体は行いません。
このタイプは自社で施工する場合もありますが、多くは下請け業者に依頼する形が多いでしょう。
下請け業者に依頼する際の中間マージンで稼いでいくタイプの塗装業者もあります。
この中間マージンが高いと、下請け業者は十分な報酬が得られなくなってしまうので、手抜き工事をせざるを得なくなってしまいます。
もちろん、全てがそういったことになるわけではありませんが、安い価格で外注するとどうしても下請け業者は手抜きをしてしまう傾向にあるのです。

■チラシ広告で宣伝する塗装業者

こちらはチラシを作って新聞折込に入れたり、情報誌に掲載することで宣伝しています。
チラシ広告は大手塗装業者とは異なり、より地域密着型の塗装業者となります。
チラシ広告は見る人も限定されてくるので、広告費は安くなるのでは?と思われるかもしれません。
しかし、チラシ広告を行っているところは他の広告コンサルタント会社などからアドバイスを受けて集客しているところもあります。
コンサルタント料金は決して安いものではないため、それを稼ぐためにも外壁塗装料金を少し値上げして行っている可能性もあります。
そのため、地域密着型だからと言って安いわけではないということを理解しておきましょう。

■職人のみで構成される塗装業者

中には営業担当者がおらず、外壁塗装の職人だけで構成されている塗装業者もあります。
こちらの場合、大手塗装業者からの下請けを受けるのではなく、直接仕事を受注して施工するタイプの業者になるので中間マージンなどが発生せず、しかも要望にも臨機応変に対応してくれるので、顧客満足度の高さも伺えます。
完全に地域密着型となりますが、その分広告費がかかることもないため、より安い価格での提供も可能となっているのです。
依頼するまでは話を直接聞かない限り、どういった会社なのか分からないという不安があるかもしれませんが、そういった場合は実績を確認してみると良いでしょう。
ただし、こういった塗装業者は昔ながらのところが多く、新しい塗料には手を出していない可能性が高いです。
新しい塗料を使いたいという場合は、取り扱っているか事前に確認する必要があります。

このように、外壁塗装業者の形態には様々なものがあります。
どの形態の外壁塗装業者を選ぶか、特徴を踏まえた上でチェックしてみましょう。
また、どの形態であっても悪質な業者と良質な業者は存在します。
形態だけで選んでしまうと悪質業者に引っかかってしまう可能性が高いので、総合的に選ぶことが重要です。

外壁塗装が業者によって大きく異なる理由

高い費用を払って外壁塗装をしてもらうわけですから、施工もしっかりと丁寧に行ってもらうたいのが当然です。
しかし、外壁塗装にまつわるトラブルは減っていないという現状があります。
なぜ、外壁塗装は業者によって大きく異なってしまうのでしょう?

スポンサーリンク



■作業する職人によって異なる

外壁塗装は当然ですが、職人によって塗り替えなどが行われます。
しかし、営業をやっているのは職人ではなく営業担当者です。
いくら営業担当者の雰囲気が良かった、丁寧な説明を受けたと、好印象を受けても実際に作業する人ではないのです。
営業担当者の多くは塗装に関する知識は持っているものの、現場での経験はないため、本当に客の要望に応えられるものなのかどうかその場で判断できないことも多くあります。
それでも営業担当者は仕事を取ることだけを目的としているので、できないかもしれないものも「できます」と言ってしまうのです。
そしてそれを下請けに投げてしまいます。
請け負った料金が安ければ安い程、利益が出ないため手抜きをしてしまいます。
こうしたことから、営業担当者が良い人だったからという理由で外壁塗装業者を選んではいけないのです。
先程紹介した形態で言うと、職人のみで構成されている外壁塗装業者は、営業担当者がいないため要望に応えられるか応えられないかが判断でき、もし応えられない場合でも代替案を提案してくれる場合が多くみられます。
その分、職人さんなので話が上手ではなく、無愛想に見えてしまう可能性もあります。
それでも実際に施工を行ってくれる職人と話し合いながら施工を行うことで、自分にとって理想的な外壁塗装に近づけることでしょう。

■下地処理の内容によって異なる

外壁塗装は基本的に塗装前には下地処理を行い、綺麗に処理を行った上で塗布していきます。
例えば、外壁にヒビが入っていた場合、そのまま塗料を塗ってもそこから雨が侵入してしまう可能性が高いため、必ず補修作業が行われます。
また、サビが付いている部分は削って落としたあと、高圧洗浄でサビをしっかりと洗い流します。
これらの下地処理を行うことで、塗料はその機能性を十分に発揮することができるのです。
ただ、下地処理というのは一番手抜きがしやすい部分とも言われています。
例えば、多少のヒビ割れなら気にせず塗ってしまったり、本来下塗り・中塗り・上塗りの3段階塗りの工程が必要になるにも関わらず、1、2回で終わらせてしまう場合もあります。
手抜き工事を行えばその分外壁塗装の耐久性も失われてしまうため、数年後すぐに外壁塗装の依頼をしなくてはならなくなってしまいます。
ですが、下処理をしたかしていないかというのは、なかなか判断することができず難しい部分もあるでしょう。

見極めるポイントとしては、お金に注目してみましょう。
例えば200万円施工費用として支払ったとしても、直接それが利益になるところもあれば、下請けや孫請けを利用することで実際に作業する職人には少ない利益しかいかない場合があります。
安い利益で稼ぐには、早く作業を終わらせて次の作業に移ることが大切です。
そのため、手抜きが行われてしまう可能性があるのです。
下地処理は手抜きがあったとしても分かりづらい部分でもあります。
しかし、施工主側が下地処理について色々と質問や相談をすることで、手抜き作業もしにくくなるので、下地処理について相談してみるのも良いでしょう。

■アフターフォローによって異なる

実際に施工を依頼してみないと分からないという部分はたくさんあるかもしれませんが、施工前の見積もりでも十分にチェックすることができます。
外壁塗装に関する豊富な知識を持っている人は少ないかと思います。
そのため、丁寧な説明を受けてもどうせ分からないと考える外壁塗装業者もいるでしょう。
依頼する側も聞いても分からないから…と諦めてしまうと、手を抜いてもバレないと考えて作業を疎かにしてしまう可能性があります。
ですから、外壁塗装が開始される前の見積もりの段階で、分からないことは全て聞いておくと良いです。
疑問や不安な点などを解消した上でしっかりと外壁塗装業者を選ぶことが大切です。
また、この時アフターフォローや保証に関しても質問をしておきましょう。
アフターフォローや保証は、万が一施工時や施工後すぐに問題が生じてしまった場合に適用されるものです。
無料になってしまうため、アフターフォローや保証があるところは「そんなヘマはしない」という自信の表れにも見えます。
手抜き工事を行っている業者では、アフターフォローや保証を付けてしまうと、業者側の首を絞めてしまう恐れもあるので、アフターフォローや保証が付いていないことも多くみられます。
できれば、アフターフォローや点検サービス、保証設定などを行ってくれる外壁塗装業者を選ぶと良いでしょう。

■複数業者の見積もりを取る時に見るポイント

上記の違いから分かるように、一つの外壁塗装業者だけに依頼してしまうと、他の業者のできることとできないことが異なり、さらに費用などの違いも分からなくなってしまうため、本当に悪質な外壁塗装業者かどうかを調べることができません。
しかし、複数業者から見積もりを出してもらうことで比較することができるのです。
例えば、見積もりの時点で150万円の業者と、100万円の業者があります。
一見、100万円の業者の方が安く済むので良さそうと考えてしまいます。
この時値段だけを見て判断するのではなく、費用対効果を見て選ばなくてはなりません。
150万円の業者では耐用年数10~15年の塗料を使ったとすると、料金が高くなってしまうのも分かります。
逆に100万円の業者では見積もり価格を下げるためにグレードの低い外壁塗装を使い、耐用年数も5年しか持たないという場合もあります。
しかも、耐用年数が5年で15年に3回の塗り替え、150万円の方なら15年に1回の塗り替えとなり、ランニングコスト的にはほとんど変わらなくなります。
塗装を行う回数が増えれば、近隣住民の迷惑になってしまったり、自分自身にも塗料のニオイなどに関するトラブルが起こってしまう可能性もあるので、なるべく塗り替えの回数は減らしたいものです。
そう考えると、単純に費用だけで選ぶのではなく費用対効果も踏まえた上で決めなくてはいけません。

外壁塗装は信頼できる業者に依頼した方が絶対にお得です。
ただ、見分けることが難しいので、複数業者から見積もりを取ってどんな作業工程で作業内容はどうなるのかまでしっかりと説明を受けておくことが重要と言えるでしょう。

見積もり時、施工期間が異なるのはどうして?

先程の項目で業者によって外壁塗装が異なる点をご紹介しましたが、中には複数業者から見積もりを出してもらった時に、施工にかかる期間まで異なる外壁塗装業者もあります。
なぜこのようなことが起きてしまうのでしょうか?

■作業する人数が違う

施工期間が異なる理由として、一つは作業する人数の違いが挙げられます。
同じ大きさの家でも5人で作業する場合と、10人で作業する場合では10人で作業した方が早く施工も終わらせることができるでしょう。
作業する人数が多ければ多いほど早く終わる可能性が高まりますが、中には少ない人数でもムダのない仕事を行っているためか多い人数と変わらない時間で完了できるところもあります。

■使用する塗料が違う

もう一つの理由として、使用する塗料の違いが挙げられます。
例えば人数が同じであっても塗料が乾きやすい種類のものと、そうでないものを使っていれば施工にかかる時間も異なってきます。
基本的に塗料は3段階の塗りになり、塗料が乾いていないと上から塗ることができないため、塗料の違いも施工期間に違いをもたらす一つの要因と言えるでしょう。

■職人の経験と実績が違う

施工を行っている職人の経験と実績に差がある場合も施工期間に違いが生まれる可能性があります。
職人になってまだ間もない人と、何十年も外壁塗装を続けている人なら、どちらが早いのか一目瞭然です。
もちろん、新人の職人も早くすることは可能かもしれませんが、その分雑な作業になってしまう恐れがあります。

■作業スピードが早いのは良いこと?悪いこと?

通常、外壁塗装の作業スピードが早いことは悪いことではありません。
丁寧な作業をしつつ早く仕事を完了させてくれるのは、良いことと言えます。
ただし、中には手抜き作業を行った結果作業スピードも早くなる可能性もあるのです。
手抜き作業を行うと耐久性もすぐに落ちてしまいますから、万が一見積もりの段階で施工日数がどれくらいで終わるかを聞いた時に、かなり早い日数を言われたらどうして早いのかを聞いてみましょう。

外壁塗装は施工期間でも業者の違いが見えてくる場合があります。
業者の違いをしっかりと見極めつつ、外壁塗装の相談をするようにしましょう。

一体どういった方法があるの?

外壁塗装では業者の選び方が重要となってきます。
丁寧な作業と仕上がりを持つ塗装業者が多いのですが、中には手抜きをして思っていた仕上がりにならない可能性もあるのです。
そういったトラブルを発生させないためにも外壁塗装の業者選びの仕方について解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク



■優良な業者かホームページで判断できる?

近年はインターネットの普及により、パソコンやスマートフォンを利用していつでも知りたいことを検索できます。
外壁塗装業者についても同じで、自分が住んでいるエリアの中にどんな業者があるのかをすぐに把握することができるのです。
外壁塗装業者の中には、ホームページを作っている業者もあります。
なので、業者選びで悩んだ際にはホームページを確認してみましょう。
注意して頂きたいことは、内容が多く綺麗なホームページだけでは優良かどうかを判断できないことです。
色合いがよく、イラストや写真を使用して見やすいホームページには良い印象を持つ人が多いでしょう。
だからと言って、外壁塗装の技術があるかは判断できません。
内容に関しても無駄な内容ばかり記載されていては意味がないので、どんな材料を使用しているのか、価格はどのくらいになるのかなどを判断するとともに、「施工実績」「プロフィール」「保険・保証」を確認しましょう。

施工実績は、今までに行ってきた外壁塗装の工事についての記事が記載されています。
どういった内容の工事を行ったのかだけではなく、施工した際の写真が掲載されていると安心できる材料となります。
中にはフリー素材を使用した写真を掲載しているホームページもあります。
利用者の顔が載っている写真や直筆のアンケート結果など信憑性のあるものが載っているのであれば、心配できる証となります。
外壁塗装を専門に実績のある会社であることがわかれば、地域の方に信頼されていることとなるので安心感が増すでしょう。

また、プロフィール写真も重要です。
プロフィールではまず社長の経歴を調べます。
塗装業を経験したことのない人物であれば、下請け会社に引き継がれることとなりどういった業者に施工されるのかわからないことになります。
また、顔写真があるかも確認しましょう。
社長だけではなく外壁塗装を行う職人の顔写真があることで、信頼性が上がります。
顔を知らない人物に施工されるよりも顔を知っっている人物に施工してもらう方が依頼もしやすくなるのです。

保険や保証の多い業者は安心できます。
業者用の保険があるかの確認だけではなく、きちんとしたアフターフォローがあるのかもしっかりと確認しましょう。
何年ごとに経過を確認するほか、定期的なメンテナンスのある業者は安心できるでしょう。
保証内容を証明できる保証書があると尚良いでしょう。

■外壁塗装はどの業者に依頼するのが正解?

外壁塗装をしてもらう際に大手会社だからと依頼する方も多いでしょう。
知名度も高く安心できる材料にはなりますが、大手だからと言って不満が出ないわけではありません。
大手会社は、多くの場合下請け会社に工事を依頼します。
また、下請けだけではなく孫請けがある会社も多いのです。
そのため、工事の期間中に入れ替わりで業者が変更になる可能性もあり、工事期間が長引く要因になったり、仕上がりにムラのできる結果となる可能性もあるのです。
また、中間マージンが必要になるため、費用に関しても割高な場合が多く不満の残る外壁塗装になることも多いので注意が必要です。
工務店やハウスメーカーなどもありますが、外壁塗装でオススメできる業者は外壁塗装を専門に取り扱っている業者でしょう。
中間マージンもないので費用が安く済むほか、質の良い塗装をしてもらえることが多く、腕の良い職人がいることが多いのです。

■外壁塗装の訪問販売には気を付けましょう

外壁塗装の訪問販売でのトラブルは意外に多くあります。
全ての訪問販売業者が良くないわけではありませんが、外壁が汚れているのを遠目に判断して訪問に来て、ありとあらゆる工事が必要だと住人に話をして契約を取ろうと考える悪徳な業者も中にはいるのです。
実際には補修工事は必要ないのに補修工事が必要と迫ったり、質の悪い塗装を行う業者も報告されています。
判断することは難しいかもしれませんが、ほかの業者に確認をしてもらうなどして対策をしましょう。

外壁塗装の業者選びは大変な作業になるでしょう。
どの業者が良いのかをしっかりと判断し、満足のいく仕上がりなるような業者を選びが重要です。
ホームページで確認するだけではなく業者と直接話合うことで不安要素が無くなることも多いので、業者選びで悩んだ際には職人本人と話す機会を作ることも大切となるでしょう。
そしてきちんと自分の気持ちを話し、最も信用できると業者に伝えることで業者側も気持ち良く仕事ができることとなります。
不満のない外壁塗装をするために、業者選びは慎重に行いましょう。

セミナーに参加した方が良い?

家に長く住み続けるためには、外壁塗装によるメンテナンスが必要になります。
塗装費用は外壁塗装の業者によって種類や形態も違い高額になる場合もあります。
最近では、外壁塗装のセミナーを行っているところも増えてきていますが、参加することで有効な業者選びのポイントになるのでしょうか?
また、セミナーはどのような内容になっているのでしょうか?

スポンサーリンク



■セミナー参加の目的とは

悪質業者や手抜き工事によるトラブルなどの被害が相次いでいるため業者選びを適当に行うことは危険です。
近年では、外壁塗装のセミナーを参加費無料で行っているところが目立ってきました。
業者選びをするために、ある程度の予備知識を身につけたり、外壁塗装に関する疑問点や不安を解消することは大切です。
セミナーの内容は、主催者によって多少違うかもしれませんが、基本的には外壁塗装を行う時期や外壁塗装の工事内容、外壁塗料の種類についての注意点などを中心に解説してくれるでしょう。
見積もり書の見方や悪質業者の見分け方など、これから塗外壁塗装を行う人にとっては聞きたい情報が盛りだくさんとなっているはずです。

■セミナー参加の注意点

外壁塗装のセミナーで注意すべき点は、セミナーは塗装の依頼者つまり業者にとってのお客様の立場に向けたセミナーではないということです。
セミナーの主催者は、自ら首を突っ込んできただまされやすいお客と契約をするために集客アップを目的にセミナーを行います。
ですから、他の業者のデメリットをあげて自社のメリットのアピールをするわけです。
簡単にいうと、自社の営業目的としてセミナーを開催していると言っても過言ではありません。

■セミナーの情報をうまく活用する

上記では、セミナーは自社の営業目的で行われているとご説明しましたが、セミナーの内容が嘘という意味ではありません。
ですが、会社にとって不利な情報はあえて発信しないということだけはいえることです。
ある程度外壁塗装の知識を養うには役立つかもしれませんが、セミナーの情報だけが全て正しいと受け取らないようにしましょう。
基礎知識を身につけた上で、いくつかの外壁塗装業者を比較してみると得た情報をうまく活用できます。
最終的な判断はセミナー主催者の言葉に左右されず、自分自身でよい感じた業者選びをすることがポイントです。

外壁塗装のセミナーは、外壁塗装に関する知識をたくさんは発信してくれる場です。
しかし、少なからず営業目的とした内容も含まれているので、全てを鵜呑みにするのではなく自分なりに取捨選択して役立てることをおすすめします。

結局、どの業者に依頼・相談するべきか?

家は購入したらそれで終了というわけにはいきません。
長く住み続けるには定期的なメンテナンスも必要ですし、時にはリフォームをすることもあるでしょう。
メンテナンス後にも、不具合や疑問が生じれば業者に相談する場面も出てきます。
長い付き合いになる業者だからこそ、どのような業者に依頼すべきか検討する必要があります。
では、何を手掛かりに外壁塗装業者を選べばよいのでしょうか?

■営業マンの人柄と外壁塗装の技術は無関係

実際に外壁塗装を行うのは、職人の手によって施工されます。
営業マンがどんなに真剣に施工のことを語っても、現場で刷毛を持っていない人の話には信憑性がありません。
よく塗装業者のホームページに受注や実績件数がどれだけあるか掲載しているところがありますが、これは商売としては立派な結果として残せますが、業者選びのポイントになるかどうかは別です。
作業現場では、全く同じ現場というのは一つもなく作業がスタートしてから施工が完了するまで何の問題もなく終わる現場はほぼありません。
何事もなく作業が終わったと感じて作業している人はいるかもしれませんが、どれだけ丁寧な見積もりを立てても現場で作業をしている職人だからこそ気づく点が非常に多いものです。
外壁塗料は素材によって使用量も大きく変わってきます。
同じ素材をつかっていても、微妙な形状によって使う量も違ってきますし、技術も異なるものなのです。

■近隣への対応について

外壁塗装を行う場合は、隣近所と密接した住宅、多くの住宅が密集した住宅街にある場合もあります。
そうなれば、当然外壁塗装の工事によって近所の方に色々な迷惑がかかってしまうことが予想されます。
例えば足場の組立や解体などの作業で発生する音や、風の強い日であれば作業の埃が周辺に舞ってしまう可能性もあるでしょう。
そんな時これから迷惑をかける人を相手にあいさつ一つもしない業者は、近所の方が不快に感じてしまうものです。
工事期間や作業を行う時間帯、騒音などの可能性があるということを事前に伝えられる業者であればお互いに気持ち良く工事期間を過ごすことができるでしょう。

■施工後の相談に対する対応

外壁塗装の施工後は、依頼者に最終確認をしてもらう業者がほとんどです。
塗装の仕上がり状態を見て何か気になる点がないか確認するための機会なので納得いかなければ当然遠慮せずに申し出てもかまいません。
塗り残しやムラがあったりなど相談の内容次第で可能になる場合もあるので、しっかり業者に伝えましょう。
そして、最終確認では気づかなかったけれど何か問題が発生した時、どのような対応をしてくれるかが業者に問われるサービスです。
耐久性が10年と謳っていても、塗膜が剥がれたりなどの問題があった場合きちんと保証してくれる業者が一般的と言えるでしょう。

外壁塗装を自分で行うことが難しいからこそ、どういった基準で選ぶかが重要なポイントとなります。
つい広告や営業マンの素敵な言葉に心を奪われてしまうかもしれませんが、外壁塗装業者の形態と気を付けるべきポイントを押さえて、悔いのない外壁塗装にしていきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-資金繰り・業者選び
-,

関連記事

屋根塗装の相場はどれくらい?費用の目安をチェックしよう!

目次1 屋根素材ごとに屋根塗装の相場は変わる?1.1 ■トタン屋根の塗料の単価と費用の相場とは1.2 ■コロニアル屋根(スレート屋根)の塗料の単価と費用の相場とは1.3 ■セメント瓦の塗料の単価と費用 …

シニアを狙う「リフォーム詐欺」の現状と手口

目次1 リフォーム詐欺はまだまだ横行中!1.1 ■リフォーム詐欺はなぜなくならない?2 シニアを狙ったリフォーム詐欺の事例2.1 ■事例その1・無料診断から始まるリフォーム詐欺2.2 ■事例その2・安 …

外壁・屋根塗装の費用をなるべく抑えるためのポイント

目次1 外壁・屋根塗装はどうして費用がかかってしまうのか?1.1 ■外壁・屋根塗装の費用が高い理由1.2 ■外壁・屋根塗装は見方によっては安い?1.3 ■各住宅によって費用が高くなるのはどうして?2 …

住宅財形を活用した外壁塗装について知っておこう!

目次1 財形貯蓄には様々な種類がある1.1 ■財形貯蓄について1.2 ■一般財形貯蓄1.3 ■財形年金貯蓄1.4 ■利用条件について1.5 ■会社を転職・退職した場合、財形貯蓄はどうなる?2 住宅財形 …

アパート・マンションの減価償却、外壁塗装でも可能?

目次1 減価償却とは?1.1 ■減価償却の対象と目的1.2 ■減価償却できない資産もある1.3 ■減価償却は必ずした方が良いのか?1.4 ■マンションの減価償却1.5 ■減価償却費用を計算する1.6 …

検索(撥水・住宅財形etc…)

カテゴリー

ペンネーム:MAYUMINS

NAME